0

プラハへ1泊2日旅行

旅行 ,

私の兄と母がプラハに旅行へ来ていたので、週末にプラハへ会いに行って来ました。昨日の土曜日は家のカレはお昼すぎまでリハーサル、そして今夜は公演があるので、ちょっとせわしなかったですが、楽しい旅行となりました。

天気が心配だったのですが、雪も止み天気も良く気持ちが良いなと思っていたら途中、凄い雪道に唖然。ドイツの雪はサラサラなので、風が吹くと地面の雪が舞い上がって道路に吹き付けてくるのですが、こんな道路、カレも私も見た事ありませんでした。ちょっと怖かった…。私は絶対にこんな道、運転できません。

雪道

ドイツとチェコの国境を越え、山を登り越えていくのですが、途中、スキー場も見かけました。そして山を降り反対側に着くと不思議なくらい雪は全くなく別世界。そして山を超えてから1時間半ほどでプラハに着きました。自宅からは2時間半弱です。

街中で駐車場の付いている値段が手頃なホテルをネットで見つけたのですが、先ずそこにチェックイン。Happy Prague Hotelと言う所です。1泊2日素泊まりで、2人で68ユーロ(約8,300円)駐車料金が15ユーロ(約1,800円)でした。

長期滞在できるようなメゾネット作りで、部屋の1階は、キッチンのあるリビングルーム+バスルーム。私達はキッチンは全く使いませんでしたが、バスタブがあったのが、嬉しかったです。

kitchen

そして階段を登って2階へ。結構、急な階段なので降りる時は手すりに掴まらないとかなり危ない感じでした。

急な階段

2階

屋根裏部屋なので、夏はもしかしたら暑いかもしれません…。

ベット

ホテルの部屋に荷物を運んで部屋を物色した後、母と兄が泊まっているホテルへ。母達と同じホテルにしようと思ったのですが、家のカレの仕事の都合でもしかしたら私一人で行く事になる可能性があったので、ぎりぎりまでキャンセルができて安いホテルにした為、違うホテルになってしまいました。

ホテルで少しお喋りをし、兄は部屋でゆっくりしたいと言うので母を連れて散歩へ。途中、私達のホテルもお披露目しました。そして夜はチェコ料理が食べられるビアホールへ!

先ずビールで乾杯。ドイツビールも好きですが、チェコビールも喉越しが良く大好きです。500mlで230円くらいなので、安いのが更に嬉しい!

チェコビール

下の写真は兄が頼んだ、膝豚肉のロースト。美味しかったみたいですが、完食するのに悪戦苦闘。でも、皮とその下の肉は美味しいけれど、骨の方に近づくにつれて味も薄くポサポサなので完食はしなくても良い料理なのかも?

膝豚肉のロースト

これは私が頼んだローストダックの生姜風味。皮がパリパリで美味しかったです。

duck

食事後は母達のホテルに戻って、なぜかプラハで持ち込みの焼酎を飲む兄と家のカレ。そしてその後、私達は私達のホテルに戻り、湯船に浸かって旅の疲れを取って就寝しました。

次の日は先ず、フランスのリヨールで生まれた老舗のパティスリー「Paul」のカフェで朝ごはんを食べました。後で知ったのですが、「Paul」って日本にもあるみたいですね。フランス系のパン屋さんはドイツでは見かけないので嬉しかったです。もうショーケースに並んでいるパンやケーキを眺めているだけ幸せ気分。朝ごはんを食べたあと、お持ち帰り用にケーキを購入♪

paul-patisserie

朝ご飯を食べた後は、歴史あるカレル橋を観光。

カレル橋

愛を記した南京錠

カレル橋

そして11時にチェックアウトをして車だけ置かせておいてもらい、12時頃にランチ。ホテルの人に勧めてもらったレストランは満員で入れず、時間の関係もあってイタリアンレストランに入りました。まぁ無難に美味しかったです。最後にエスプレッソを飲んで、母達はホテルで荷物をピックアップして空港行きのバス停へ。そして私達は自分たちのホテルに戻って車を出して帰途へ。

そして山を超えた途端、やっぱり雪〜!なんか不思議です。それでも事故もなく、無事にカレの公演にも充分に間に合う時間に帰ってこられました。

やっぱり雪

そこで、今朝「Paul」で買ってきたケーキでコーヒータイム。カレは少し昼寝をし休んだ後、仕事へと出かけて行きました。プラハでの短い家族訪問でしたが楽しく過ごせて良かったです。一緒に付き合ってくれたカレに感謝です♪

cakes

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ランキング参加中です。クリックお願いします!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>